結婚や子供の誕生祝など記念樹が庭を独占しています

結婚する時にバラを記念樹としました。バラ園で気に入った品種を購入して大切に育てています。子供が誕生した時にも生まれた月に合わせて、長男はモミジとバラ、長女も品種の異なるモミジとバラを植え付けました。
記念樹なので枯らすわけにいかないので、挿し木で株を増やしながら育てています。バラは四季咲きの品種で株が多くなると知人にプレゼントしていますが、樹高も高くないので鉢と庭の両方に植えています。樹齢もそれほど長くないので10年ほどで代替わりさせています。それに対してモミジは、記念樹として購入した株は庭に植えてあり幹回り太く高くなりました。落ち葉の量も多く剪定もだんだん大変になってきました。鉢でも育てていますが、育て方がよくわからないこともあり徐々に大きくなってしまいました。
どれも元気なのはうれしいのですが、バラは三品種で12株、モミジは2品種で6株あります。現在では株を増やすことはほとんど行いませんが、日当たりや風通しなど管理しないといけないので新たな植物を育てるのが厳しくなってしまいました。即日融資 低金利