高齢者と医療について考えるあれやそれやどれ

日本の平均寿命は男女ともに80歳をゆうにこえている。

高齢者の割合も30%にちかい水準である。

と同時に問題になってくるのが高齢者をどう社会が支えていくかではないだろうか。

専門店でもなく日記に書くことなので細かいことははしょったりするが、高齢者が最近は若い。

実年齢は上だが、65歳以上を高齢者とするのは違和感を感じる。

というのも私が子どもの頃のいわゆるお年寄りは80歳や90歳ぐらいの人をなんとなく高齢者だと思っていた。

実際は65歳以上の人でも75歳ぐらいまでの人はエネルギッシュに活動されている人もいる。

平均寿命だけでなく健康寿命も延びている。

認知症になる人もその分健康で徘徊したりしてしまうだろうし、以前は家制度などがあり介護を家族でしていただろうがいまは無理だ。

核家族化して老老介護だったり限られた人間に負担が大きくなっている。

長く生きれることで合致しないこともたくさんあるのでこれから先を見据えるのであれば色々と考えていかなければならないのだろう。脱毛ラボ部位